• HOME
  • >
  • 年別: 2019年
  • 「懲罰騒動シリーズ」 4

    2019年02月08日

    懲罰動議提出の是非

    昨年は 仙台市以外の自治体でもいくつか懲罰動議が出されていたようです。

    実際に懲罰動議が提出されても、議長や会派の調整などで終わる場合もありますが、議会に提出、可決させて懲罰を下す事もあったようです。

    特に熊本市議会の様子は中継録画で見る限り、懲罰動議を出された議員の発言中に、議場からの不規則発言を議長がその場で取り上げてしまう場面もあり、懲罰を課す以前に考えるべきことがあるように思いました。

    https://youtu.be/-n9ZKUD8ZYc

    仙台市議会の場合、ここまで酷いものではないとは思いますが、特に多数派会派が出した動議の理由については、かなり無理があると感じた市民も少なくないのでは?と思います。

    もちろん手続き上は、懲罰動議の提出は可能ですが、この制度の取り扱いは丁寧に慎重に扱わないと、特に議会多数派の提出の場合、もはや いじめか?という様相を呈してしまう危険性があります。

    やはり、常に慎重の上にも慎重に、市民の目も意識しながら 議場の中だけの事と考えてしまうなど無いようにお願いしたいです。

    また、議会少数派も提出していたのですが、こちらは 提出しても動議は否決すると判っていながら出したのには、それなりの理由はあるでしょうが、かえって結果が悪い方になってしまいました。まさか対抗して動議を出されるとは思わなかったのでしょう。

    こういうリスクもあるという事で、今後は、何か別の方策を考えるのでしょうね。

    今回の懲罰動議の出し合いについては、一般市民の感覚では 双方ともに疑問符がつくのではないでしょうか?

    また、ある議員(委員)が言っていたように、そもそも 懲罰にするほどの案件なのか?というのが一番しっくり来た、とこのシリーズ 3 でも書きましたが、将来、この件を議事録等で見るであろう市民を想像して、この一連の騒動が仙台市議会史上の汚点とならないように、議員のみなさん 今からでも振り返ってみてはいかがでしょう?

    (TS)

     

     

    仙台市議会 平成31年度第1回定例会の日程

    2019年02月08日

    2月7日 仙台市議会 平成31年度第1回定例会、開会しました。3月12日まで13時からです。お時間がございましたら是非傍聴席に足をお運びください。

    仙台市議会 平成31年第1回定例会の日程

     いじめ*母子心中事件!

    2019年01月31日

    1月21日の市民教育委員会はイレギュラーな展開となる。

    仙台市ではここ数年の間にいじめによる自死と明らかになったものでも3件発生し尊い命が失われている。だがこれと言った対策も打たれないまま今に至っているのであろう。昨年11月にいじめが原因の母子無理心中と言う痛ましい事件がおきていたとのことだ。遺族父親が21日、教育委員会へ第三者調査委の要望書を提出したことにより、3カ月もたった今頃、ようやく事件が報道され市民の知るところとなった。

    両親は早くから学校にいじめ対策をお願いしていたと言う。

    わずか8歳の女児(寺岡小2年)がいじめに苦しみながら 「しにたいよ、しにたいよ」 と綴っていたと言う。

    河北新報

    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190121_13008.html

    救えた命ではなかったのか! (も)

    `