• HOME
  • >
  • 年別: 2019年
  • [懲罰騒動シリーズ]5

    2019年03月28日

    議会としての品位とは

    昨年の予算等審査等特別委員会での懲罰騒動から1年経ち、今年の委員会はどうなるのか注目しておりましたが どうやら平穏なまま閉会しました。

    他の自治体の中には、それこそ暴力的な発言や行為も聞かれたりしますが、仙台市議会の場合、各議員の議場での態度や議論は、はたして品位のあるものだったのでしょうか?

    昨年の懲罰動議が出された理由に、不規則発言(ヤジなど)などが「品位に欠ける行為」とありますが、何を基準に品位の有る無しが決められるのか、品位とは何なのか? を考えざるを得ません。

    不規則発言が全て「品位が無い」と言えるのでしょうか?

    それとも品位のある不規則発言というものがあり、それなら許されるのでしょうか?

    頻繁に不規則発言をしている ある議員には懲罰動議が出されず、別の議員には出されるとしたら、その動議を受けるかどうかを判断する基準を議会は示していただきたい。

    特に今回のように、多数会派の議員らが少数会派の議員に対する懲罰動議を出す場合は、特に議会としての「品位」が問われるのではないかと思い、それはこのシリーズを書くきっかけとなりました。

    議会ウオッチャー ・仙台は、議員の議場での態度を毎回3人以上の目でチェックしています。

    このHP上にその結果を出していますが、特に「居眠り」については、未だに無くなりません。

    「居眠り」に品位の有る無しがあるとは思いません(見るからに酷いものと そうでもないものはあるかも)ので、各会派 各議員 の皆さんには、「品位のある」態度かどうか正していただきたいものです。

    その上で、「品位を欠く」などの理由で懲罰動議を提出するのならまだいいのですが。

    しかも、そもそも そのような議場にならないよう「品位」のある議長の差配や配慮が求められるはずです。

    結局、今回の懲罰騒動そのものが品位を欠くものだったのではないか?と思う方もいらっしゃるでしょう。

    最後に、仙台市議会の品位を保つには、市民ひとりひとりが当事者性を持ってチェックする事が何より大事、と付け加えさせていただき このシリーズを終えたいと思います。

     

    駄文拙文をお読みいただき ありがとうございました。      (TS)

    議員協議会を傍聴して

    2019年03月19日

    3月5日、議員協議会は皆様ご存知の街路灯の問題の中間報告が有りました。

    今までの市道路部の手続き、処理の欠陥が主因であり過去同職勤務者の責任は重大です。

    また市議会常任委員会の都市整備委員会では市道の認定や廃止の審議が行われる場所ですが、議員から質問がでることはほとんどありません。

    以前は監査委員に議員2名が入って居りましたが、監査事務局との質疑もなく決算されたことに大いに疑問を感じます。

    公金に対する監査の重要性を認識しているのだろうか? 責任を持って監査をしているのだろうか?

    道路保全課維持課係長と面談しましたが、このままでは行政の縦割り組織に横串でも刺し込まなければこのような事故を防ぐことは不可能とおもわれました。                              上原 仁

    街路灯解約し忘れ!

    2019年03月06日

    今期、第1回定例会本会議、予算特別委員会、等で「市街路灯解約し忘れ」が問題となっている。

    1800件にも上る街路灯を解約せずに長年にわたり東北電力に電気代を払い続けていた。過払い総金額は当初1億5000万円〰1億8000万円とも!

    業者任せでチェック機能が全く働かず放置されたままだったらしい。

    5日に開かれた仙台市の中間報告会では解約すべき時期が推定できたのは1800件のうちの1148件で、電気代の過払い額は約9200万円と推定とのこと!

    私達の血税がまるでザルに注がれているようだ。  (も)

     

    ▽<街路灯代解約忘れ>過払いは推定9200万円、仙台市が中間報告(3/6 6:05) 河北新報

    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201903/20190306_11017.html

     

    平成30年第4回定例会の「居眠り調査」について

    2019年02月20日

    平成30年第4回定例会の「本会議場での態度についての評価表」を発表します。それぞれの認定は、傍聴者2人以上がカウントした場合に限っています。今回は私語を指摘された議員が3人、離席は6人です。数は多くありませんが、前回より増えています。居眠りは少し減っていますが、17人です。7会期日中6会期日で居眠りを指摘された議員が1人、5会期日は4人います。しかも特定の議員に集中する傾向にあります。

    今回も該当議員(18名)に事前に「評価表」をお送りし、ご意見を求めたところ、お一人から「居眠りしていない」旨の申し出がありました。検討の結果、ご意見を取り入れ、居眠り議員は17人としました。

    平成30年第4回定例会「居眠り調査」について

    「懲罰騒動シリーズ」 4

    2019年02月08日

    懲罰動議提出の是非

    昨年は 仙台市以外の自治体でもいくつか懲罰動議が出されていたようです。

    実際に懲罰動議が提出されても、議長や会派の調整などで終わる場合もありますが、議会に提出、可決させて懲罰を下す事もあったようです。

    特に熊本市議会の様子は中継録画で見る限り、懲罰動議を出された議員の発言中に、議場からの不規則発言を議長がその場で取り上げてしまう場面もあり、懲罰を課す以前に考えるべきことがあるように思いました。

    https://youtu.be/-n9ZKUD8ZYc

    仙台市議会の場合、ここまで酷いものではないとは思いますが、特に多数派会派が出した動議の理由については、かなり無理があると感じた市民も少なくないのでは?と思います。

    もちろん手続き上は、懲罰動議の提出は可能ですが、この制度の取り扱いは丁寧に慎重に扱わないと、特に議会多数派の提出の場合、もはや いじめか?という様相を呈してしまう危険性があります。

    やはり、常に慎重の上にも慎重に、市民の目も意識しながら 議場の中だけの事と考えてしまうなど無いようにお願いしたいです。

    また、議会少数派も提出していたのですが、こちらは 提出しても動議は否決すると判っていながら出したのには、それなりの理由はあるでしょうが、かえって結果が悪い方になってしまいました。まさか対抗して動議を出されるとは思わなかったのでしょう。

    こういうリスクもあるという事で、今後は、何か別の方策を考えるのでしょうね。

    今回の懲罰動議の出し合いについては、一般市民の感覚では 双方ともに疑問符がつくのではないでしょうか?

    また、ある議員(委員)が言っていたように、そもそも 懲罰にするほどの案件なのか?というのが一番しっくり来た、とこのシリーズ 3 でも書きましたが、将来、この件を議事録等で見るであろう市民を想像して、この一連の騒動が仙台市議会史上の汚点とならないように、議員のみなさん 今からでも振り返ってみてはいかがでしょう?

    (TS)

     

     

    仙台市議会 平成31年度第1回定例会の日程

    2019年02月08日

    2月7日 仙台市議会 平成31年度第1回定例会、開会しました。3月12日まで13時からです。お時間がございましたら是非傍聴席に足をお運びください。

    仙台市議会 平成31年第1回定例会の日程

     いじめ*母子心中事件!

    2019年01月31日

    1月21日の市民教育委員会はイレギュラーな展開となる。

    仙台市ではここ数年の間にいじめによる自死と明らかになったものでも3件発生し尊い命が失われている。だがこれと言った対策も打たれないまま今に至っているのであろう。昨年11月にいじめが原因の母子無理心中と言う痛ましい事件がおきていたとのことだ。遺族父親が21日、教育委員会へ第三者調査委の要望書を提出したことにより、3カ月もたった今頃、ようやく事件が報道され市民の知るところとなった。

    両親は早くから学校にいじめ対策をお願いしていたと言う。

    わずか8歳の女児(寺岡小2年)がいじめに苦しみながら 「しにたいよ、しにたいよ」 と綴っていたと言う。

    河北新報

    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190121_13008.html

    救えた命ではなかったのか! (も)

    `